(株)東レ経営研究所は、1986年(昭和61年)6月東レ(株)の経営環境調査機能とマネジメント研修機能を分離して設立された、東レ(株)100%出資のシンクタンクです。以来30年以上にわたりビジネスリサーチ事業とヒューマンデベロップメント事業をコアに、東レグループ外向け事業の立ち上げ等様々な変革を重ね、事業会社としてここまで発展してまいりました。これもひとえに多くの皆様方の温かいご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

現在の主要な事業活動ですが、マクロ経済、産業経済、産業技術並びに繊維産業などに関わる「調査、研究、分析活動」は社内専門スタッフや特別研究員の高度な知見を活かし、東レグループのみならず官公庁や業界団体向けに高い品質の情報提供を行っています。

「人材・組織開発」では、社内外の講師陣による階層別マネジメント研修や専門研修等の実践的な研修、「戦略的技術マネジメント(MOT)研修」等のスクーリングで受講者から好評価を頂いております。わが国の政策にも取り上げられている「ダイバーシティ&ワークライフバランス事業」には、様々なキャリアを積んできた専門スタッフが取り組んでおり、多くの自治体や企業に実践的なサービスを提供しています。女性、外国人、高齢者や障がい者など、働く人の多様化をどう活かせばよいのか、出産、子育てや介護に直面する社員をどのようにサポートしたらよいのかを研究し、本当の意味での「ダイバーシティ&インクルージョン」を標榜できる社会を目指して活動を行っていきます。

会員サービスの一環として発行している機関誌(「経営センサー」および「繊維トレンド」)は、社内の執筆者に加えて、大学教授や企業経営者、その道の専門家など多彩な方々に執筆をお願いし、タイムリーな情報発信を行っています。

私たちは、東レグループの経営資源を活用するメーカー系シンクタンクとして、時代と環境の変化を読み取り、社会や経済の実態を直視し、より高い価値を創造・提供することにより、社会課題の解決や経済、産業の持続的かつ健全な発展に貢献してまいります。

社長紹介

髙林 和明 Kazuaki Takabayashi

出身地

静岡県三島市

学歴

1980年 京都大学 教育学部教育学科 卒業

経歴

1980年
東レ株式会社 入社
2010年
マーケティング企画室長
兼エイトピア(株)(代表取締役社長 (非常勤))
2017年
常任理事 在タイ国東レ代表
兼 Toray Industireis(Thailand) 社長
2020年
執行役員 在タイ国東レ代表
兼 Toray Industireis(Thailand) 社長
兼 Toray Texitiles(Thailand) 会長

12月より現職

職歴

  • 東レ株式会社入社以来 2003年までフィルム事業での営業に従事
    主な担当分野は磁気テープ、フィルムコンデンサー用途
  • 2003年~2017年 マーケティング企画室にて、営業全般企画管理に従事
    2010年~2017年 財団法人日本マーケティング協会理事
  • 2017年~2020年 在タイ国東レ代表として東レグループタイ地区9社を統括

資格

ホフステードCWQ認定アソシエイト
*CWQ=Culture in the Workplace Questionaire
国際コミュニオン学会認定エニアグラム・ファシリテーター

趣味

フルート演奏、編曲、指揮
瞑想(TM)

TOPICS

2024年1月31日 経営センサー1・2月号
新年のご挨拶
2023年9月21日 三友新聞
幸せな老後へ 私たちはどう生きるか
2023年1月18日 経営センサー1・2月号
新年のご挨拶
2023年1月18日 経営センサー1・2月号
特別企画/新春対談
2023年1月17日 三友新聞
わらしべ長者
2022年5月16日 経営センサー5月号
社長対談「真のダイバシティー&インクルージョンを目指して」
2022年4月14日 三友新聞
般若心経とアンコンシャスバイアス
2021年8月26日 三友新聞
親を大切にしよう
2021年3月21日 三友新聞
【高林社長インタビュー】「コロナだからできること」考える
2021年2月11日 三友新聞
「さんづけ運動」について
2022年1月21日 経営センサー1・2月号
新年のご挨拶
2022年1月21日 経営センサー1・2月号
特別企画/新春対談「家族と格差の問題から見たに日本の課題」
2021年1月20日 経営センサー1・2月号
新年のご挨拶
2021年1月20日 経営センサー1・2月号
特別企画/新春対談「アフターコロナの社会と企業運営」