戦略的技術マネジメント(MOT)研修

技術を事業につなげる企画構想力と、 プロジェクトを戦略的にマネジメントする開発実行力を備えた人材を育成する

上級MOT短期集中「戦略的技術マネジメント研修」(第26期) のご案内

(好評につき締め切りました)

募集対象 研究・技術開発のリーダー、事業企画・推進のリーダー、またはそれぞれの候補者。 (実務経験10〜15年程度の方)
期間 2017年5月27日(土)〜2017年10月7日(土) 
10:00〜18:00(原則)、隔週土曜日開催(原則)。全11回
プログラム詳細はこちら
会場 東北大学東京分室(JR東京駅サピアタワー10階)
プログラムディレクター (株)東レ経営研究所 MOTチーフディレクター 宮木 宏尚
募集締切 4月下旬(定員20人) ※定員になり次第締め切らせて頂きます。
費用 550,000円(税抜)  594,000円(税込)
お問合せ・お申込み (株)東レ経営研究所 人材開発部 奥村真理子
Tel(Fax) 03-3526-2919(2938) お問い合わせはこちら
 本研修会は、実務経験15年前後の開発リーダーを対象とし、新製品・新事業開発のためのリーダーの養成を目的とした、レベルの高い異業種交流型研修会です。
 企画構想力のベースとなる「技術マネジメント」に関する最新情報、「戦略的思考」「創造的思考」、開発実行力養成のための「プロジェクトマネジメント」「リーダーシップ」の基礎のトータル5つの学習領域で、企業経験豊富な講師陣により、講義だけでなく演習やケーススタディをふんだんに取り入れた実践的な研修を行います。2003年に経済産業省からの委託事業として開発した本研修プログラムも、毎回ブラッシュアップを重ね、今期で第26期となります。
 これまでの実務経験を体系的に整理し、他社との交流、相互研鑽を図る機会として是非ご参加下さい。
関連記事:「経営センサー」MOTシリーズはこちら
平成18年度MOT試行評価参加プログラム 東レ経営研究所のプログラムは、平成18年度経済産業省事業として行われたMOTプログラムの試行評価に参加しました。評価結果は、『MOT評価』をクリックするとご覧戴けます。

第26期プログラム

上級MOT短期集中 「戦略的技術マネジメント研修」(第26期) プログラム予定

(株)東レ経営研究所 2017/3/6現在

10:00〜18:00(原則)。 毎回、開始時にガイダンスと前回のまとめ(約15分)を行います。

日程 科目 セッション 講師
第1回 2017年
5月27日
(土)
開講式/プログラムガイダンス (株)東レ経営研究所
MOTチーフディレクター
宮木 宏尚
参加者自己紹介、企業紹介、課題共有
技術マネジメント 付加価値創造におけるMOTの役割 一橋大学イノベーション研究センター長
教授 延岡 健太郎
交流懇親会
第2回 6月10日
(土)
技術マネジメント MOTにおける投資の経済性評価 東北大学大学院 工学研究科
技術社会システム専攻
教授 長平 彰夫
第3回 6月24日
(土)
戦略的思考 論理的思考と意思決定 ディシジョンマインド
代表 籠屋 邦夫
第4回 7月8日
(土)
技術マネジメント 産学連携と技術移転 東京農工大学
名誉教授 亀山 秀雄
技術マネジメント 知的財産マネジメント 東北大学大学院 工学研究科
技術社会システム専攻
教授 長平 彰夫
第5回 7月22日
(土)
プロジェクト
マネジメント
プロジェクトマネジメントとリーダーシップ (株)東レ経営研究所 
客員研究員 齊藤 政久
第6回 8月5日
(土)
戦略的思考 技術開発と事業戦略 ケーススタディ
「東レ炭素繊維複合材料 "トレカ"の技術開発・事業戦略」
(株)東レ経営研究所 MOTチーフディレクター
元東京農工大学大学院工学府 技術経営研究科
非常勤講師
宮木 宏尚 
リーダーシップ 特別講演「イノベーションマネジメントの視点から〜CD-R、DVD-R事業の創造を通じて〜」 名古屋大学 客員教授
(元 太陽誘電(株) 技術部長)
浜田 恵美子
第7回 8月19日
(土)
戦略的思考 MOTにおけるマーケティングの考え方
−顧客創造実践講座−
東京理科大学大学院 イノベーション研究科
MOT専攻
教授 宮永 博史
技術マネジメント わが国の技術競争力の現状と将来展望 ノースアジア大学 経済学部 教授
野口 秀行
第8回 9月9日
(土)
戦略的思考 技術開発と事業戦略 ケーススタディ
「ソニー電子マネーFeliCaのイノベーション」
一橋大学 イノベーション研究センター
教授 青島 矢一
リーダーシップ 特別講演 「組織運営とリーダーシップ
-イラク復興支援活動における指揮官の経験を基にして−」
元 陸上自衛隊陸将補 第5次イラク復興支援群長
太田 清彦
(元 習志野市 危機管理監)
第9回 9月16日
(土)
創造的思考 クリエイティブ・シンキング
創造的発想のためのツールとヒント
松林 博文
リーダーシップ 特別講演 「企業経営とリーダーシップ-日産改革の視点と教訓-」 楠美アソシエイツ 代表 楠美 憲章
(元 日産自動車梶@代表取締役副社長)
第10回 9月30日
(土)
技術マネジメント オプション理論を用いた投資の経済性評価 東北大学大学院 工学研究科
技術社会システム専攻
教授 長平 彰夫
第11回
10月7日
(土)
戦略的思考 論理的思考と意思決定 フォローセッション
「ワークショップ」
ディシジョンマインド
代表 籠屋 邦夫
プログラム学習総括とふりかえり/終講式 (株)東レ経営研究所 MOTチーフディレクター
宮木 宏尚
交流懇親会

●講師・日程は一部交渉中のものもあり、変更する場合がございます。

●研修11回のうち、東レ総合研修センター(静岡県三島市)での合宿1回を予定しております。

各回の講師紹介

1
技術マネジメント

延岡健太郎  一橋大学イノベーション研究センター長 教授、神戸大学 名誉教授

1981年大阪大学工学部卒業。マツダ(株)で8年間商品戦略企画担当。1993年マサチューセッツ工科大学より経営学博士取得。1994年神戸大学経済経営研究所准教授、1999年教授。2008年一橋大学イノベーション研究センター教授、2012年より現職。経済産業研究所ファカルティーフェロー兼務。
[担当研修/回]  付加価値創造におけるMOTの役割(第1回)

長平彰夫  東北大学大学院工学研究科 教授 

東北大学法学部卒業。北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)で製造業の設備投資審査、ベンチャー企業への投融資を数多く手掛ける。マサチューセッツ工科大学で経営学修士取得。1999年東北大学未来科学技術共同研究センター専任助教授を経て、2002年より現職。経営学博士。華中科技大学、武漢理工大学管理学院客員教授(中国)。
[担当研修/回]  MOTにおける投資の経済性評価(第2回・第10回)、知的財産マネジメント(第4回)

野口秀行  ノースアジア大学経済学部 教授、野口秀行事務所 代表 

1974年熊本大学経済学部卒業。日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)地方政策研究センター主任研究員。経済産業省、国土交通省や地方自治体の各種委員。2005年より現職。法政大学大学院、亜細亜大学大学院、東京大学大学院、東京工業大学非常勤講師を兼任。
[担当研修/回]  我が国の技術競争力の現状と将来展望(第4回) 

亀山秀雄  東京農工大学名誉教授 

1978年東京大学大学院工学研究科修了。1993〜2015年東京農工大学大学院教授。水素エネルギー協会会長、NEDO技術委員、国際P2M学会副会長、MOT学会理事。主な経歴は、東京農工大学産学連携・知的財産センター副センター長、農工大ベンチャービジネスラボラトリー長、(株)アルマイト触媒研究所取締役、(株)農工大ティー・エル・オー取締役。(社)化学工学会理事、エネルギー部会長。
[担当研修/回]  産学連携と技術移転(第7回)

2
戦略的思考

籠屋邦夫  ディシジョンマインド 代表

1978年東京大学大学院工学研究科修了。三菱化学、マッキンゼー&カンパニー、米国ストラテジック・ディシジョンズ・グループ、A.T.カーニー 副社長を経て2002年から現職。スタンフォード大学大学院でRonald Howard 教授から意思決定理論の手ほどきを受ける。
[担当研修/回]  論理的思考と意思決定(第3回)、フォローセション(第11回)

宮永博史  東京理科大学専門職大学院 イノベーション研究科 教授

東京大学工部卒業。MIT大学院修了。NTT電気通信研究所、AT&Tベル研究所スーパーバイザー、ルーセントテクノロジー社マーケティングディレクターを歴任。その後コンサルティング業界に転じ、SRI勤務を経て、2000年デロイトトーマツコンサルティング統括パートナーに就任。2002年同社取締役。2004年より現職。
[担当研修/回] MOTにおけるマーケティングの考え方(第7回)

青島矢一 一橋大学イノベーション研究センター 教授

1989年一橋大学大学院 商学研究科修士課程修了、1996年米国・マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院博士課程修了。同年一橋大学産業経営研究所専任講師、99年同大学イノベーション研究センター准教授、2012年教授。「製品アーキテクチャーと開発分業構造」等、これからのイノベーション・マネジメントについて新しい視点から実践的研究を進めている。
[担当研修/回]  技術開発と事業戦略(第8回)

3
創造的思考

松林博文  グロービス経営大学院 講師

化学薬品メーカーの海外営業を経て、ミシガン大学経営大学院修士課程修了(MBA)。大学院卒業後、ジョンソン・プロフェッショナル(株)で企画関連マネジャー。現在はグロービスのパートナーとしてマーケティング・企業戦略の講師を努めるほか、市町村や政府機関(国際協力機構)からの要請で公的機関にコンサルティングや講演も行う。
[担当研修/回]  クリエイティブ・シンキング(第9回)

4
リーダーシップ

楠美憲章  楠美アソシエイツ 代表 (元日産自動車(株)代表取締役副社長)

1963年中央大学法学部卒業。日産自動車(株)代表取締役副社長。この間、日本経団連理事、経済同友会幹事、日本自動車工業会理事 兼常任委員長を兼任。2002年中央大学専門職大学院ビジネススクール客員教授、現顧問。
[担当研修/回]  企業経営とリーダーシップ(第9回)

浜田恵美子  名古屋大学 客員教授(元太陽誘電(株) 技術部長)

1982年京都大学理学部卒業。京都大学大学院修士修了。1984年太陽誘電鞄社。CD-R、DVD-R等記録メディアの開発と事業化に従事。技術部長歴任。2007年太陽誘電退社。2008年名古屋工業大学産学官連携センター准教授。2011〜2016年教授。 2000年全国発明表彰「科学技術庁長官賞」受賞。2001年櫻井健二郎氏記念賞受賞。2003年第1回中島平太郎賞受賞。2012年応用物理学会 光・量子エレクトロニクス業績賞(宅間賞)受賞。
[担当研修/回]  技術・事業開発とリーダーシップ(第6回)

太田清彦  習志野市 危機管理監 (元陸上自衛隊陸相補 第5次イラク復興支援群長)

1979年防衛大学校卒業。1992年第1次カンボジア派遣。1993年陸上幕僚監部広報室。1996年イラン駐箚防衛駐在官、一等陸佐。 2000年西部方面総監部調査課長。2002年統合幕僚会議事務局企画監。2004年第35次普通科連隊長。2005年第5次イラク復興支援群長、防衛大学校教授。2010年防衛研究所主任研究官。2012年陸将補、退官。現職。
[担当研修/回]  組織運営とリーダーシップ(第8回)

5
プロジェクト
マネジメント

齊藤政久  (株)東レ経営研究所 客員研究員、Go Forward LLC 代表

プライスウォーターハウスクーパース、アーサーアンダーセン等の外資系コンサルティング会社にて製薬・半導体・自動車などの製造業やエンターテイメント産業に対する事業戦略立案・組織変革・企業統合・プロジェクト制導入等のビジネスコンサルティングに十数年従事。その後ソフトバンクグループにて、経営企画部長として新規事業を担当し、サニーサイドアップにて社長室長およびスポーツ事業本部の役員担当。
[担当研修/回]  プロジェクト・マネジメント(第5回)

宮木宏尚  (株)東レ経営研究所  シニアリサーチフェローMOTチーフディレクター、ミヤキ(株) 代表取締役社長、元 東京農工大学大学院 工学府産業技術専攻 非常勤講師

1968年早稲田大学大学院修了。東レ(株)入社。13年間合成繊維原料工場で省エネルギー等のプロジェクトを担当後、全社のR&D戦略、新事業企画、経営企画、情報システム企画等を担当。2002年退社。2003年より鞄激血o営研究所でMOT研修プログラム開発・運営を担当。同年ミヤキ(株)(家業継承)、2007年代表取締役社長。元 東京農工大学大学院 工学府産業技術専攻 非常勤講師。(公社)化学工学会 経営システム研究委員会 委員長 他

このページのトップへ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ